アントニオ猪木「最後の闘魂」

アントニオ猪木「最後の闘魂」

アントニオ猪木公式Youtubeチャンネル「最後の闘魂」 本名:猪木寛至(いのきかんじ) 1943年2月20日、神奈川県横浜市鶴見区出身。 家業は石炭問屋を営んでいたが戦後のエネルギー需要が石炭から石油にシフトしたのを受け、13歳の時に一家でブラジルに移住する。 早朝5時からのコーヒー豆収穫を行いながら、砲丸投げ競技で頭角を顕し、地元大会で優勝して話題となる。 【格闘家として】 猪木は自身の最強を証明するため、格闘技の英雄アクラム・ペールワン、「熊殺し」の異名をとる空手家ウィリー・ウィリアムスとの対戦など、異種格闘技路線への挑戦を続け、後年の総合格闘技の礎を築いた。 中でもプロボクシング統一世界ヘビー級チャンピオン、モハメド・アリとの一戦は世界各国に中継され話題を呼んだ。ゴングと共に、タックル、投げ技、関節技などを禁止された猪木はアリの足元にスライディングをして、アリを転倒させる作

登録者数:181,000
登録日:2020-02-14